視力回復手術のレーシック情報

イントラ・レーシック

イントラレーシックは普通のレーシックと何が違っているのでしょうか。イントラレーシックの違いは従来のレーシックの方法と大きく違っているのはフラップを作る方法です。フラップは角膜を機械を使ってくりぬいた蓋のことを言うのですが、この作り方が違っています。イントラレーシックではレーザーを使ってフラップを作ります。今までのレーシックの場合には電動かんなを使って作っていたのですが、イントラレーシックになると、レーザーでより狂いがないように、くりぬくことが可能です。従来よりも正確にフラップが作れるようになったのが、イントラレーシックの特徴です。
角膜を削れる深さも、従来は140ミクロンでしたが、現在のイントラレーシックでは、210ミクロンまで削ることが可能になりました。他にも違いと言えば、フラップを元に戻す際もずれたりしわが出来たりしにくいという特徴もあります。レーシックよりもさらにバージョンアップしたのがイントラレーシックと考えてもらうといいのではないでしょうか。
特に視力がわるい人は視力矯正が強めに必要ですから、フラップを深く掘らなければいけませんから、イントラレーシックなら210ミクロンまで掘り下げることが出来るので、従来のレーシックでは視力が戻らない可能性があった人でも手術が受けられるようになったのです。このような違いは、カウンセリングや今の状態などを見ながら医師がイントラレーシックにするのか、普通のレーシックにするのか決めます。

スーパーイントラ・レーシック

スーパーイントラレーシックとは、角膜にレーザーを当ててフラップを作るときに、最新機器のイントラレースレーザーを使って行います。エキシマレーザーには実績の高いアレグレットウェーブアイキューという種類が使われているので、普通のレーシックに比べてみてもかなり質の高い手術になるといわれているのがスーパーイントラレーシックです。使われる最新型のイントラレースレーザーというのは、切開した部分が滑らかになりますから、エッジの部分も直角でとても綺麗な仕上がりで、レーシックを受けた後に起きるフラップがずれたりしわが出来るという症状も減るとい特徴があります。
またスーパーイントラレーシックは普通のレーシックに比べてみても施術時間が短いですし、目に負担をかける時間が短いということで副作用や感染症にかかるという心配もそれほどないと言われています。スーパーイントラレーシックを実際に受けた人の98パーセントの人が裸眼でも1.0以上の視力で見ることが出来るまでに視力がアップしているという実績もあります。
他にもスーパーイントラレーシックの特徴としては、レーシックで治療できなかったような強い近視の人でも場合によっては治療が可能という特徴もありますから、普通のレーシックを受けようと思って検査をしたら近視が強すぎて受けられなかったとあきらめていた人でも、スーパーイントラレーシックなら受けることが出来るかもしれませんから一度クリニックへ行ってみるといいですね。

視力回復・レーシック

レーシックとは目の視力をアップさせるための手術ですが今とても注目されている手術です。レーシックを受けたことがあるという人はたくさんいます。もともとはスポーツ選手などがレーシックを受け始めたのがきかっけで日本でもここ10年以内に流行しているのですが、アメリカではもっと以前からレーシック手術は行われていました。レーシックは目の角膜をレーザーで矯正させて目の視力をアップさせるというものですが、それによって視力が回復します。一度落ちた視力というのはなかなか今までは回復させることは難しいとされていましたが、レーシックなら実現可能になりました。
しかしまだレーシックをよく知らない人にとっては失敗するのではないかという不安もありますし、レーシックは保険がきかないので自費での支払いになりお金が高くつくというイメージを持っている人もいると思います。
最近は東京以外の場所でもレーシックを行っている病院やクリニックは増えていますから名古屋や大阪、福岡や札幌、京都でも受けられるようになりました。レーシックにはいろいろと種類がありイントラレーシックなどという言葉を聞いたことがあるという人もいるかもしれません。レーシックによるトラブルや術後の後遺症などについてしっかりと理解したうえで受けることがいいでしょう。
誰でもレーシックを受けられるというわけではなく、老眼の人や白内障の人は手術を受けることが出来ません。また失敗した場合には再手術を受けることになっています。

レーシック・遠視治療

レーシックでは視力回復の手術が出来るとして知られていて、ほとんどの場合が近視の人が多いと言われていますが遠視の人はではレーシックは受けられないのでしょうか。レーシックは遠視の人でも視力矯正可能と言われています。日本で遠視治療があまり知られていないのは、それだけ近視の人の数の方が多いということから、レーシックでも近視の人だけが手術を行っているように思われていますが実際には遠視の人でもレーシックで視力回復を望むことはできるのです。
遠視でレーシックを受ける場合には、使っているエキシマレーザーの光を当てる部分を変えることで遠視の矯正が可能です。ですが、レーシックで視力が回復して矯正できる遠視というのは範囲があり、その範囲に適合していないと手術を受けることが出来ませんから、レーシックで遠視矯正が出来る人というのは医師の判断になります。
ですから、自分が遠視でレーシックが受けられるのかどうかと思っている人は、一度病院やクリニックへ行って検査をしてもらうのが一番ではないでしょうか。場合によっては遠視矯正が不可能な場合もありますしギリギリではあるけれど範囲内なのでレーシックの手術を受けることが出来るという人もいると思います。
レーシックは主に近視を対象にしていますが遠視や乱視も治すことが出来る視力回復手術ですから、クリニックに相談をしてみて検査をすれば受けることが出来るのではないでしょうか。検査結果次第で変わってきます。

レーシック・アフラック

レーシックをこれから受けるという人の中には、アフラックの保険に加入している人もいるのではないでしょうか。アフラックというのはがん保険、医療保険、脂肪保険を用意している保険会社で年金保険や学資保険なども展開している日本では大手の保険会社の一つです。アフラックで一番人気なのはがん保険ですがこのほか医療保険も人気があり、医療保険のEVERに加入しているという人は多いのではないでしょうか。そんなアフラックですが、レーシックをこれから受ける人は手術給付金が受け取れるのかということが気になりますよね。
アフラックの医療保険EVERに加入している人でレーシックを受けている人で手術給付金を受けているという人はいるのかということを調べてみたのですが、ネット上では実際にアフラックの医療保険EVERでレーシック手術が給付金の対象になっているという事実がわかりました。しかし残念なことに、それは2004年5月までのことで、2004年の5月以降は保険約定が変わっていますから、残念ではありますが、レーシックの手術は対象外ということになってしまっています。
現在アフラックのように、以前はレーシックが手術給付金の対象だったという保険会社は多いようで、今給付金の対象になっているところというのは意外にも少ないと言われています。ですから将来的にレーシックを受けようかと考えている人は今から受けられる保険会社を探して加入しておいた方がいいかもしれませんね。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www.kiralikvipoto.com/" target="_blank">http://www.kiralikvipoto.com/</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。